老人ホーム・施設から見る、今後の福祉の在り方とは

###Site Name###

日本の高齢化は世界でも類を見ない速度で進んで、超高齢社会となった日本ですが、それに伴って老人ホームの需要も年々増しています。今後の日本を支える福祉とは、どのようなものなのでしょうか。
現在は一口に老人ホームと言っても、サービスや要介護レベルの程度によってさまざまな種類があります。
また親族を中心とした介護者のかわりに日中のサポートのみを行うデイサービスセンター、被介護者の家にいって補助を行うヘルパーなど、老人ホームという名前ではなくても要介護者の世話を行う職業は数多くあります。

有料老人ホームに関するサポートサイトはここです。

これらは一般的な老人ホームよりも安価で利用しやすい反面、あくまで介護者の補助的な役割であるため、基本的に自分たちで介護を行う必要が出てきます。

今後の福祉においては、そういった様々な補助の中から、ケアマネージャーとの相談などを通して、個々人の状況に応じたものを適切にうけることが重要になってきます。またそれぞれの介護内容においても、認知症の予防を中心とした、また地域に密着した体制の需要が増してきていると言えます。

これは特に高齢化が進む地方で、地域ぐるみで要介護者を減らすための取り組みとして行われていることで、予防のための体操やレクリエーションを行う施設を設置したり、その施設の送迎バスなどを走らせたりしています。



介護が必要な人を減らそうという抜本的な考え方と、福祉の在り方を大規模にしていく姿勢は、今後さらに重要視されるようになるのではないでしょうか。

毎日新聞情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。